デジタルEQの良し悪しを「主観的に」比較してみる

今回はちょっと変わった検証をしてみました。よくEQとかコンプなどの比較をする場合、数値を極力ほぼ同一にして効き方をチェックしたりすると思うのですが、そもそもその数値も合ってるとは限らないし、見えないところで別の処理していることもあったりで、果たして同一のパラメーターでの比較って意味があるのかな・・・と思っていたわけですが、逆に超主観的に、同じなが~いミックス作業をプラグインを1つだけ変えてアウトプットを比較しようというのが今回のチャレンジです。


映像に音楽を付けるときに役に立つSwitch(動画変換ソフト)

映像はまだ弱いけどバリバリ劇伴・CM音楽制作で使いまくってる我が愛DAW Studio Oneに最適なソフトがあったのでご報告です。

以下、分かる方向けの文章なので、興味の有る方以外はスルーして頂ければと・・・。(※技術系の記事興味ないわいという方はナカシマが音楽を担当したこの映像で癒やされてくださいませ!)


音楽の「ラウドネス」について考えてみた。すなわち聴く人の体験を考えること。

作曲家のナカシマです。久々のブログ更新は、楽器や音楽というよりもっと技術的な話。音を聞いてくれる皆さんにどう届けられるかという事です。本来的には純粋に聞いてくださるリスナーの方には関係のないことなのですが、作り手には大きな問題だし、実際リスナーの方への体験の差が変わってくる可能性があるので、専門家でないなりに調べてから、音楽において音量ってどうしたらいいのかと言う事について考えてみました。興味がある方はぜひ読み進めてみてください。


OSX Yosemite でのProtools、Studio One 動作検証(起動テスト)

作曲家のナカシマです。久々のブログ更新は、楽器や音楽というよりもっと技術的な話。音を聞いてくれる皆さんにどう届けられるかという事です。本来的には純粋に聞いてくださるリスナーの方には関係のないことなのですが、作り手には大きな問題だし、実際リスナーの方への体験の差が変わってくる可能性があるので、専門家でないなりに調べてから、音楽において音量ってどうしたらいいのかと言う事について考えてみました。興味がある方はぜひ読み進めてみてください。


Imperfect Samples Steinway Walnut Concert Grand (Pro)

Imperfect SamplesというイギリスのライブラリーメーカーのSteinway Walnut Concert Grand (Pro) というKontaktライブラリーを弾いてみました。